自炊が難しい腎臓病食は宅配業者に頼るという方法がある

医者

腎臓に良い食事

家族

タンパク質を減らす

高齢者が多くなるに従って腎臓病になる人が増えており、腎臓に負担をかけない対策をする必要性が高まっています。腎臓病では食事によって治療をする事が最も効果的で、食事の内容に注意する事で腎臓に負担をかけずに済みます。腎臓病の食事としてはタンパク質の摂り過ぎに注意が必要で、タンパク質を減らす事で、腎臓がろ過する老廃物を減らす事ができます。タンパク質は肉や魚だけでなく、穀物や果物にも多く含まれている食材があるため、そういった食材は控えます。腎臓病になるとタンパク質の制限が必要ですが、タンパク質は体の組織を作るための大切な成分なので、一日に摂取する量を決めて食事を作る事が重要です。料理を作る事が大変な場合は、腎臓病の食事として販売されている食品があるため、そういった製品を利用すると便利です。

カロリー不足に注意

タンパク質はカロリーの多い食材が多いため、腎臓病になってタンパク質の制限をする事で、カロリー不足になるケースが多いです。そのため腎臓病になった場合には食事でタンパク質を抑えながら、カロリー不足にならないように、他の栄養でエネルギーを作り出す事が大切です。砂糖や油はカロリーが高くタンパク質が含まれていないため、こういった食材を上手に利用する事が好ましいです。またマヨネーズやドレッシングなどの調味料もカロリーが高く、腎臓病の食事に取り入れる食材として適しています。腎臓病ではタンパク質の他にも食塩の摂取量を減らす事が大切なので、塩分の多い食品は使用を避ける事が肝要です。味噌汁は自分で出汁をとる事で、少ない塩分で料理を作る事が可能です。